更年期障害 ホットフラッシュサプリ【人気商品を実際に試してみました】

更年期障害の症状の現れ方は、比較的軽いものから入院を必要とするほど思いものまで個人差がありますが、これは更年期障害の原因が、女性ホルモンの減少だけでなく、もともとの個人が持っている体質や気質、取り巻く環境的要因などが大きく関係していることによります。
ホットフラッシュやイライラなどの更年期障害を緩和するには、自分自身で生活習慣を見直すことも大切です。

 

気をつけるべき生活習慣は3つです。

 

まずは、食事です。
更年期を穏やかに過ごすために重要なのは、できる限り体に負担をかけない食べ方です。
規則正しい食事は、食べたものを消化吸収しやすい体を作ります。
間食を含めて合計で6回を、毎日決まった時間にとるのが理想とされています。

 

次は、運動です。
運動というと激しいものを想像しがちですが、更年期に習慣づけたいのは軽い運動です。
朝のラジオ体操や週に2.3回のウォーキングなど、負担の少ない範囲で長いスパンで継続して行えることが重要です。
水泳やエクササイズなどを習いに行くのもおすすめです。
新しい環境で体を動かすことで、生活にハリが出て楽しく過ごせます。

 

3つめは、精神的な考え方です。
更年期障害には、イライラや不安感などが続く症状があります。
つらいと感じたら、自分だけで悩まずに周囲に相談するのも更年期を乗り切るためには必要なことです。
また、ホットフラッシュはストレスで悪化することもあるので、溜め込まずに発散するべきです。