更年期障害 ホットフラッシュサプリ【人気商品を実際に試してみました】

更年期障害の症状の中に、急激にほてりやのぼせが起こるホットフラッシュというものがあります。
人前でも急に起こるホットフラッシュに悩まされている女性は多く、ストレスによってその他の更年期障害の症状も悪化する場合があります。
ホットフラッシュを含む更年期障害の症状緩和にはさまざまな方法がありますが、漢方の利用も有効手段のひとつです。
更年期障害の症状に効果的な漢方薬を見てみましょう。

 

・当帰芍薬散
トウキシャクヤクサンは、月経不順や不妊にも用いられる漢方です。
冷え性の改善や肩こり、腰痛などに効果的で、体力の無い方、やせ形の方に向いています。

 

・加味逍遙散
カミショウヨウサンは、当帰芍薬散と同様の効果を持っていますが、不眠やイライラ感、怒りっぽいなどの精神的な症状を伴う方に高い効果を発揮します。
頭痛やめまい、動悸などの症状も緩和します。

 

・桂枝茯苓丸
ケイシブクリョウガンは、ほてりやのぼせなどのホットフラッシュに加え、手足の冷えや肩こり、腰痛にも効果的な漢方です。
ヨクイニンと合わせて飲むことで、生理前後のニキビ改善に応用できます。

 

・女神散
ニョシンサンは、加味逍遙散と同じくホットフラッシュの症状緩和に効果を発揮する漢方ですが、やせ形で虚弱体質の方に向いている加味逍遙散とは反対に、胃腸の強い方に向いている漢方です。
具体的には、ほてりや動悸、憂うつ症、頭痛、胸の張り、肩こり、便秘などの改善に効果を発揮するとされています。