更年期障害 ホットフラッシュサプリ【人気商品を実際に試してみました】

更年期のつらい症状のひとつにホットフラッシュがあります。
ホットフラッシュとは、顔や上半身を中心に唐突なほてりや異常な発汗が起こることです。
周囲の環境にかかわらず突然に発症するため、人前でも大量を汗をかくなど、更年期障害の中でも悩む人の多い症状です。
ホットフラッシュを緩和するために役立つ食材を使ったメニューを取り入れて、つらい更年期障害を緩和しましょう。

 

・ゴーヤ味噌
ゴーヤには、カランチンという成分が含まれていて、血管の健康を保ち血圧を下げるはたらきがあります。
また、味噌に含まれるイソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンに似たはたらきをするため、更年期にエストロゲンが不足して起こる症状を緩和する効果があります。
このふたつの食材を合わせて使うと、ゴーヤと味噌の相乗効果で血圧を上げて、ほてりや大量の発汗、動悸などの症状を緩和できます。

 

・めかぶオクラ納豆
納豆には、酵素のナットウキナーゼが含まれていて、血液中に血栓ができるのを予防します。
メカブには、食物繊維やアルギン酸が含まれていて、コレステロールの排出を促します。
オクラには、ペクチンという成分が含まれていて、整腸作用によって便秘を解消し、肌荒れや冷え性を改善します。
これらの3つの食材は、冷えの原因となる便秘を解消します。

 

・蒸しニンジン
ニンジンには、ビタミンCやβ-カロテンが含まれていて、抗酸化作用が強いため血管のアンチエイジングに効果的です。
丸ごと蒸すことでβ-カロテンの吸収率が高くなります。