更年期障害 ホットフラッシュサプリ【人気商品を実際に試してみました】

更年期障害のホットフラッシュは、顔や上半身などの体の上部分を中心に起こる「のぼせ」「異常な発汗」「紅潮」といった症状のことです。

更年期障害の症状は個人差が大きく、ホットフラッシュに関しても同様ですが、更年期を迎えてほてりを実感した人は、その特徴に「急に」「強烈」「異常」などを挙げています。
こうしたほてりを感じる部分で最もおおいのが、顔や頭などの部分です。
その他に、首の後ろや胸などにほてりを感じる人も多くいます。

 

こうした更年期障害のホットフラッシュには、正確な原因が解明されていません。
いくつかの仮説を見てみましょう。

 

まずは、エストロゲンの減少によるとされている説です。
エストロゲンが減少すると体温の調節に関わる視床下部が体温の変化に敏感になるため、血流が増えて体温をあげてしまうとされています。
体温があがることでほてりを感じ、熱を汗で冷却しようとして大量発汗に至るとするものです。

 

また、卵胞刺激ホルモンの分泌が増加することが原因とされている説もあります。
更年期には卵巣の機能が低下するので、卵胞刺激ホルモンが分泌されても女性ホルモンを増やせません。
そのため、いつまでも卵胞刺激ホルモンが分泌され続け、ほてりをはじめとする更年期障害の症状を引き起こすとされています。

 

こうしたほてりは夜間にも続くことがあり、睡眠中にもほてりや寝汗をかくことによって中途覚醒が起こるため不眠の原因にもなり、その他の症状を引き起こす場合もあります。