更年期障害 ホットフラッシュサプリ【人気商品を実際に試してみました】

ホットフラッシュは、更年期障害の代表的な症状のひとつです。

突然に顔がほてったりのぼせた状態になることや、大量の汗をかくような状態のことをホットフラッシュといいます。
通常、こうした発汗やほてりが見られるのは、激しい運動をしたり精神的に動揺したりといった場合ですが、更年期のホットフラッシュは状況に左右されるものではなく、特に理由や前触れ無く発症します。
対人の場であったり外出先でも関係なく生じる症状なので、更年期障害の中でも大きな悩みとなることが多い症状です。

 

ホットフラッシュが起こる仕組みは、直接的な原因としては血行不良が挙げられます。
血液の流れが悪くなると、体の反応はこれに対処するために血液の量を増やそうとします。
そうすると、大量の血液が流れ込んで、結果としてほてりやのぼせなどの症状を引き起こすのです。

 

血行不良が慢性化している場合にはホットフラッシュは起こらないのですが、更年期障害によって血行が急激に悪化した場合に起こりやすいとされています。
閉経が近づく更年期に入ると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減ってしまいます。
エストロゲンのはたらきのひとつに血流をスムーズにするというものがあり、エストロゲンの急激な少によって血行不良が起こり、ホットフラッシュの原因となります。

 

また、ストレスがかかるとホットフラッシュを引き起こしやすくなるため、自宅などの落ち着いた環境にいるときには心身共にリラックスした状態を心がけましょう。